相互チャンネル登録は意味あるのか?ないのか

一生懸命、毎回動画投稿を続けて チャンネル登録数、再生登録数ともに
目標に達し、収益の手続きを行なったにも関わらず、収益の許可が
おりないという場合があります。
様々な理由がありますが、その原因の一つに相互チャンネル登録が
あるようです。相互チャンネル登録とはどのようなものでしょうか。
また、収益の手続きに関して気をつけなければならない点について
紹介したいと思います。

チャンネル登録数を上げる為の裏技?
相互チャンネル登録の説明の前に、チャンネル登録数を上げるために
増えている方法を紹介します。
チャンネル登録数を増やすには、定期的な動画投稿は必要です。
視聴者が喜ぶような動画投稿を休まず登校し続けて
少しずつチャンネル登録数を増やすというのが一般的な方法です。
一部の YouTuber は、チャンネル登録数を増やすために
街に出てチャンネル登録をしてもらうように声をかけるという方法を
とっている方も いらっしゃいます。
ルール的にはやはり、動画投稿をし続けるのが一般的なので
積極的にお知らせする方法とは言えませんが、例えば一つの商品を
売るためにはセールスを行うのは一般的なのでそう考えると
このような方法も悪いことではないかもしれません。

チャンネル登録数を上げる為にしてはいけないこと。
次にチャンネル登録数を上げるためしてはいけないことは
相互チャンネル登録が一般的な例です。
相互チャンネル登録とは、他のユーチューバーに連絡を取り
お互いにチャンネル登録し合うとというものです。
そうすれば両方が win-win の関係になり苦労しなくても
動画のレベル関係なくチャンネル登録数を増やすことができます。
YouTube がまだそれほど浸透してない頃はこの方法が
ルール上問題なかったのですが今ではルール違反になっています。
しかし今でも相互チャンネル登録を行なっているユーチューバーが
多数存在してその結果、収益登録をする際に許可がおりないケースが
後を絶ちません。
YouTube の方で不正がないかしっかりとデータが管理されているので
ルールを破らないように注意をしましょう。

収益許可を得るためにチャンネル登録、再生回数を増やすのは
非常に大変なことです。一般人は特に知名度もありませんので
かなり時間をかけなければ達成することは難しいでしょう。
しかし、回数を水増しするような方法は必ずバレてしまうので
そのようなことがないように、時間をかけながら動画投稿を
頑張っていきましょう。